2013年6月3日月曜日

6月に入って最初の週末は、太陽が燦々と照る夏日和。こんな絶好の天気を逃さないぞ、といつもの週末よりも多くの人が外出し日光を楽しんでいる。

僕はインターン先での午前勤務を終え、先ず自宅へ。昼食の料理を楽しんだ後、Lion Rockという香港の街を一望できる山へハイキングに出かけることとした。


MTRという地下鉄を乗り継ぎ、自宅から30分程でいざ目的地の駅へ。そこから強い日差しを浴びながら、途中ペットボトルに詰めたレモン水を補給しつつ、開始から3時間程で標高約500メートルの山の頂上に着いた。

香港の高層ビル街から離れ、空気のより澄んだ山の中を歩くのはいつでも気持ち良い。汗を掻くことで体内の循環が良くなるし、持久力が鍛えられ体力向上に繋がる。身体を動かす中で頭も冴え、その時に考えていることが深まったりもする。

今悩んでいることについても、自分なりの考えが纏まってきた。


そして日曜日の今日は日中ジムで軽くウエイトをして身体をほぐした後、コロンビアMBAの合格者達と夕食に参加した。香港以外の合格者数名が旅行しに来ているのだ。

全部で10名程の大所帯である。DJの腕前がプロ並のアメリカ人コンサルタント、中国で教育事業を立ち上げ今は大手PEで働くアメリカ人投資家、建築を学び香港の不動産デイベロッパーで働く香港人等。香港の合格者も含め、皆アメリカで学部教育を受けたようで、英語ネイティブであった。



僕は正直な所、自分が唯一の非ネイティブスピーカーである集まりに行く際は、今でも緊張する。今日も行きのバスの中でソワソワしていた。こういう場に行って、皆が話していることが分からず会話についてけないことなんてしょっちゅうだし、そういう時はとても居心地が悪い。

だが、大学時代に交換留学をして以来、こういう場から逃げずに、少し勇気を振り絞って一歩踏み出すことにしている。日本語であれ英語であれ、相手への理解を深めることは楽しい。それに、これから国際会議やビジネスの場で、英語を使って意見交換をし、商談をし、できれば日本の立場を発信していきたい。そんな場面が訪れる時のために、数多く実践の場数を踏み、失敗を通して学び、それで自分が成長できれば良いと思っている。


幸い今日の集まりは、コロンビアMBAという共有するものがあったためか、会話で特に問題はなかったし、面白そうなメンバーとも会えて有意義だった。上手く行ったときは、小さいながらもそれを自信として積み上げていけば良い。


これから先も英語の場に参加する時は緊張するのだろうが、それを恐れてその場から逃げることは絶対にしたくない。七転八起の精神でぶつかっていく姿勢を崩すなと自分を戒めつつ、明日からの仕事に備え今日は床につくことにしよう。





0 コメント:

コメントを投稿