2014年12月26日金曜日

エチオピアから数日前に帰ってきたばかりだが、これから東京へ年末年始を過ごしに戻る。友人や家族と時間を過ごすのもそうだが、ビジネス関係のMtgを幾つかセットしたためだ。卒業後の本格開始に向けて、少しずつ前に進めている状況だ。

しかし12時間以上の長距離フライトを10日程度の間に3本こなすのは、身体がきつい。。。僕は疲れると鼻血が出るのだが(笑)、エチオピアでは案の定少し鼻血が出た上に、NYに帰ってきてからは少し喉の調子が悪くなった。身体を休めなければ。。。


さて、折角なのでこの秋学期に受講した授業の振り返りを簡単にしようと思う。自分の戦略ミスで、取りたい授業を幾つか断念することになったものの、終わってみれば相応に学びを得ることが出来たと思う。


Private Equity & Entrepreneurship in Africa
あまり期待していなかったものの、それを裏切ったとても良かった授業。PE面を担当する教授は、アフリカへフォーカスしたPEを運営する現役の投資家。アフリカの投資家及び起業家に太いパイプを有しており、彼が呼ぶゲストスピーカーは何れも著名な方ばかり。

PE投資に必要なバリュエーション方法、タームシート作成、ストラクチャー組成を一通りカバーする。教授は非常にクレバーで、彼との議論が知的に面白く、とても勉強になった。
スピーカーの話も学ぶ点が多く、アフリカの歴史背景や産業等を包括的に理解する面でも役に立った。


Digital Literacy for Decision Making
3週間金曜日の朝から夕方に渡って行われる集中講義。教授は著名な現役プログラマー。
授業の目的はプログラミングを学ぶことではなく、プログラマーと会話するために必要な基礎知識や理解を深めること。業界用語や基本的な仕組みを学び、実際にGitHubを使ったりする。

これまで聞いたことはあったが意味不明であった用語や、それらがどう繋がっているかを理解でき、有意義であった。


Service Operation Management
人気鉄板焼きレストランであるBenihana等のケースを扱う授業。
オペレーションを効率化する上で大切なポイントを、ケース議論を通じて明らかにしていく。教授の問いを考えることや、授業の議論が大きな学びとなった。
教授はインド出身で、国をネタにしたジョークを飛ばし授業を盛り上げていた。低俗且つ捉え方によっては差別的なユーモアなのだが、教授のキャラもあり僕はとても楽しんでいた一方、友人のアメリカ人女子は「酷いジョークばかりで気分を害されたわ」と嘆いていた(笑)。


Managing the Growing Company
ベンチャーから大企業に成長する過程で、会社としてどんなハードルがあり、それをどうやって乗り越えていくかにフォーカスを当てた授業。
教授が呼ぶゲストスピーカーは充実しており、起業家からファミリービジネス経営者まで、様々なステージの会社のトップが率直に質問に答えてくれ、学びが多かった。

一方、教授自体が教える内容は、正直一つの本を読めば網羅できると感じた。何より、授業で扱うケースの議論が薄く、結果として学びを最大化できていなかった。教授が高齢なので仕方ないのかもしれないが。。。


Entrepreneurial Selling
セールスとは本来どうやって行われるべきかについて、教えてくれた授業。教授は自身でセールスのコーチング会社を運営する起業家で、彼の話の面白さ・プレゼンテーション・スキルは秀逸。が、学び自体はあまり深くなく、セールスを行う際に気をつけるべき点を講義形式で網羅した程度の授業であった。


Social Entrepreneurship for 21st Century
純粋なFor-profitとNon-Profitの間に位置する、Social Businessについて学ぶ授業。教授は業界で著名な方らしく、この分野に明るくなかった自分には学びが多かった点。僕は純粋なFor-profitを立ち上げるつもりだが、社会への価値還元の仕方、それを如何に接続的に行うか、その評価方法について最新の事例を取り扱う中で学んだ。


Applied Regression Analysis
当初受講する予定ではなかったが、単位の埋め合わせで受講した授業。教授が分かりやすく教えてくれる+話が面白いということで人気な授業なのだが、 僕にとってはそうではなかった。統計の基礎である回帰分析について、もう一度おさらいするイメージ。個人的には、最終プレゼンでチームを組んだインド人達から学んだことが大きかった。


こんなところだろうか。

1月前半のブロックウィークから始まる最終学期は、たんまり残っていたBidポイントを使い、取りたかった授業をほぼ全てカバーできた。

その第一弾は、著名起業家及び思想家のSteve Blankが教えるLean Launchpadだ。彼はLean Startupの考え方に寄与した中心人物の一人。既に起業し奮闘している友人から勧められた授業で、チームを組み、自分のプランを前に進めていく実践的なものだ。自分のビジネスを前に進める点もそうだし、Steveとミーティングを持ち、彼から直接フィードバックをもらえることが楽しみだ。

他にも、コロンビアが誇る有名授業や、起業/PE関連の面白い授業が盛り沢山だ。またそれらについては、改めて投稿したいと思う。


0 コメント:

コメントを投稿