2013年9月3日火曜日

明日から本格的に授業開始だ。週に5科目(それぞれ1.5時間が2コマか3コマ)を受けて行く。授業のスケジュールだけを見るとそうでもないが、これにグループワーク・個人の予習・クラブ活動・外部での活動(人と会うとか)を加えていくと、結構パンパンのスケジュールになりそうだ。

食べ放題の食事と同じで、ついつい欲張りすぎる傾向があるので、パンクしないようにスケジュール管理する必要がありそうだ。


MBAプログラムはまだ開始したばかりなのだが、学校側がリクルーティングイベントを何度か開いている。例えば先週は、早くも、各業界のアラムナイを呼んでNetworking Eventが開かれた。

結局MBAは今後のキャリア準備や選択のためのプログラムなので、リクルーティングを強調することは悪くない。が、どうももっと根幹にあるべき「自分がどういう人間で、人生をかけて何を成し遂げたいのか?」という大事な問いを深く考えるプロセスが、軽視されていると感じたりする。

既に先週金曜に期末試験を終えた、Leadershipの授業でも似たようなことを感じた。(そう、既に期末試験を受けたのだ!早い(汗))僕は、クラスメートや教授のリーダーシップ経験や失敗談を聞いて、それにInspireされ、自分のLeadershipスタイルを見直すみたいなものを期待していた。

しかし蓋を開けてみると、教授は行動経済学の内容を説明するだけで、何というか上辺のテクニック論に終始していた気がする。自分の価値観や信念を揺さぶるような瞬間はなく、「なんだ、これだったら本を読むのと同じでは?」と感じてしまった。

リクルーティングイベントにしても、Leadershipの授業にしても、実用的であると言えばそうだが。けれど、長期的に成功したいのであれば尚更のこと、もっと精神面を揺さぶるような内容も盛り込むべきだろう、とも思う。


残念な面があった一方、MBA中だけでなく長期的に仲良くなれそうな友人が少し見つかったのが嬉しい。僕は浅く広く人と知り合うことも大事だが、この2年間でお互い全面的に信頼できる友人を5人位作れれば、と思っている。これは時間のかかるプロセスだが、パっと話した感覚で気が合いそうな仲間が見つかってきているので、彼らとじっくり時間を過ごし、色々話して関係を築いていければと思う。


さて、これから学校に行き、明日の課題であるケースをプリントアウトし読んだ後、ジムに行って体調を整えるとしよう。忙しいMBA生活に良好な体調は不可欠なのだから。

Whartonから日帰りで来てた親友夫婦とステーキを喰らう。肉はあまり好きじゃない(爆)のだが、噂通り結構美味しかった!
Grand Centralという駅にて。アメリカの歴史は短いが、建物に歴史を感じる(笑)

0 コメント:

コメントを投稿