2014年2月20日木曜日

天気に恵まれた昨日のニューヨーク。夕焼けも綺麗だったし、気持ち良い一日だった。相変わらず、沿道には雪が積もっているが、それも慣れたもの。今のところ、何とか一度も転ばずにすんでいる。

さて、今学期になり幾つかのプロジェクトや授業、ビジネスプランの構築等でバタバタしている。明日は再びフィラデルフィアへ行きカンファレンスに参加、来週はクラスの皆とスキー旅行、テストを挟んで次の週はJapan Tripだ。あっという間に春学期が終わる気がしている。。。


MBA生が一体どういう生活を送っているのか、ご参考までに、以下僕のとある一日のスケジュールを書いてみたい。


8:00  起床。外を見ると雪に反射する日光が眩しい。気温は氷点下3度と寒いが、晴れてるので清々しい気分だ。

8:30  朝ご飯を食べて、学校のメールをチェックする。多い日だと一日100通を超えるメールが来るため、何度か目を通している。昨晩遅く、ラーニングチームの仲間から担当分の宿題回答が届いていた。「みんな忙しい中頑張ってるんだなぁ。」と感心しつつ、自分の分が終わっていないことに少し焦る(笑)。

9:15  メールを処理した後、午前にあるオペレーションの授業に向け、ケースを読む。秋学期は1−2日前に読んでいたが、内容を忘れてしまうことがあったため、今学期は前日夜かその日の朝に読むように変えた。オペレーションは日本が強い分野であると同時に、父親の会社が営んでいることなので、興味が強い。僕には色々と学びがあり、好きな授業だ。

10:30  授業に向けて自宅を出発。秋学期と異なり、遅刻しないように気をつけているので、今期はこれまで、ほぼ遅刻無しで参加出来ている!(本来当たり前です(笑)。)

10:45  オペレーションの授業。今日はトヨタのオペレーション・システムがメインだ。その素晴らしさや、世界の様々な分野での導入事例が紹介され、日本人として誇らしい。一方、授業中に発言はしたものの、インサイトあるものではなく、知識ベースの発言になってしまい、反省。。。

12:30  スピーカーセッションへ参加。コロンビア大学卒の起業家が、今日のスピーカーだ。製品の説明はマニアックでよく理解できなかったが(笑)、プレゼンや振舞い方、そして起業家としてのマインドセットはとても勉強になった。食堂で買った寿司を頬張りながら、話に聞き入った。

14:00  同級生のCにビジネスプランの相談。後半は話が脱線したが(笑)、幾つか良い指摘とアイデアをもらえて、有意義だった。

15:00  ジムで運動。ベンチプレス、懸垂、アームカール、ランニング20分、ストレッチ等、いつもの1時間弱のメニューをこなす。野球をしていた高校時代から、ジムでの筋トレは大好きだ。

16:15  図書館にて勉強。マーケティングの授業の宿題、ジャパントリップの作業、6時からのケースコンペの準備に時間を使う。1−2階は皆が喋っていてうるさく集中出来ないため、3階のQuiet Roomがお気に入り。

18:00  ケースコンペの議論。お題はブラジル某都市における外国人観光客の増加方法。MBA生にアイデアを求める位なので、相当行き詰まっている感がある(笑)。実際、あまり魅力的なコンテンツが無い。。。が、そこは優秀な仲間達。知恵を絞って、何とか形にしていく。優勝するとブラジル旅行がもらえるので、頑張ろう。

20:30  ケースのメンバーと晩ご飯。場所はお気に入りの韓国料理屋にて。海鮮チゲを喰らう。

21:30  帰宅。一息つく間もなく、お世話になっている会長から送られてきた資料に目を通す。

22:00  会長との電話。僕が手掛けていた案件が進捗した模様。アップデートを聞きながら、資料について自分の意見を述べていく。宿題をもらったので、数日忙しくなりそうだ。

23:00  再度メールチェック。ジャパントリップの作業メールが飛び交っている中、クラスのスキートリップの〆切のメールが。予定がイマイチ読めないので悩む。(その後、参加を決意。)

1:00  シャワーを浴びた後、昔から尊敬させて頂いている堀義人さんの著書「人生の座標軸」を少し読む。もはや何度読んだか分からないが、前向きな気持ちや高い志を持つのに背中を押してくれる、素晴らしい本だ。

1:30  就寝。


こんな感じで一日一日を過ごしている。仕事をしている時と大きく違うのは、毎日違う刺激を様々な場でもらえることと、自分でやる事を選択する自由があることだろうか。

今日もこれから宿題をして、しばらく読んでいなかったEconomistを読んで少し知識を得た後、明日に向けて早めに就寝することとしよう。

Engineering Schoolの150周年記念だったらしい。メインの建物がライトアップされている。綺麗だ。

吹雪だった日のコロンビア。歩くのは大変だが、これはこれで風情ある風景(!?)

0 コメント:

コメントを投稿